• ホーム
  • 治療コンセプト
  • 医院紹介
  • 交通案内

この度は石原歯科医院のホームページをご覧いただき、誠に有難うございます。
河津駅から徒歩1分にある歯科医院です。
最新の歯科医療を患者さまに提供できるよう日々研修を行っております。
歯の事でお悩みの方は当医院にお任せ下さい。

石原歯科医院の特徴
日々進化している 最先端の歯科医療を 導入しています。

歯科医療の世界では、今後数年間で金属を使った治療がなくなるのではと言われています。日進月歩する歯科医療技術により、精度が高く、その日のうちにできる白いクラウンやインレーの治療が可能になり、しかも従来に比べてご負担額も大幅に下がっています。また、白いクラウンやインレーを使った最新歯科医療が次々に保険適用になってきていますし、今後もそれはますます拡大していきます。白いクラウンやインレーの素材自体も目覚ましく進化していて、天然の歯に最も近い硬さやなめらかさ、光沢などを実現しています。金属を使わない治療は、自然な白さだけでなく、プラークのつきにくさ、他の歯へより負担をかけないという点でも優れてきているのです。

詳細はこちら
3M ESPE  チェアサイドハイブリッド セラミックス

白く歯の色に似たハイブリッドセラミックスは、陶器と歯科用樹脂で作った混合材料です。これは特殊な光を当てると硬化して、天然の歯に近い硬さになるようにできています。硬化後の噛み合わせ調整など形態修正、研磨、艶出しもその場でできますので、精度の高い治療が可能です。この素材は、ナノテクノロジーにより、表面が摩耗しても凹凸ができにくく、滑沢性が持続し、高い強度と低摩耗性を実現しています。
そのため、光沢が長持ちし、ステインやプラークがつきにくいことが特長となります。従来のクラウンは歯科医院で歯型を作成し、それを歯科技工所に送ってそこで模型作成の後にクラウンを作るという工程が必要だったため10日から数週間の治療期間を要しましたが、3M ESPE 「チェアサイド ハイブリッド セラミックス」は名前の通り歯科医師がその場で作製できるワンデーの治療です。自費治療ですが、歯科技工所での工程がない分、価格も20,000~30,000円程度に抑えることができています。

詳細はこちら
CAD/CAM

専用の3次元CADで個々の歯冠形状の基本データを元にコンピュータでレジンを使用した修復物や補綴物(インレー、部分被覆冠、全部被覆冠、ブリッジ、部分床義歯など)の設計や加工を行うシステムです。最新の素材は物性が大幅に向上し、割れる心配もほとんどなく、適応がとてもよくなってきていることから当院に導入する運びとなりました。2014年には、ようやくこのCAD/CAMで制作した白いクラウンが保険診療で使えるようになり、1本約6,000円、印象代を含めても1本12,000円程度のご負担で治療可能になっています。こちらは最短で7日間、できれば10日間程度の治療期間がかかります。

詳細はこちら
CAD/CAM冠
ご旅行で伊豆にいらしている方、 長期滞在されている方へ
石原歯科医院 0558-34-0034