• ホーム
  • 治療コンセプト
  • 医院紹介
  • 交通案内
ホーム > 歯周病治療
歯周病治療
自覚症状がなく進行していくので、気付くまで長い年月がかかりますが、 実は20代で歯周病に感染していることは珍しくありません。 早めに治療して、進行を止めることが重要です。

歯周病とは?

歯周病とは?

成人の過半数以上が羅患している歯の病気です。
日本の歯科疾患実態調査によると、「歯周病」は成人の過半数以上が罹患している疾患とされており、初期の歯周病まで含めるとその罹患率は8割~9割にもなると言われています。 自覚症状が長く現れないので、実際は20代30代での感染も珍しくないのです。
歯周病は歯ぐきと歯を支える骨の病気なので、放っておくと最終的には歯を失ってしまいます。その場合、むし歯のない健康な歯がいきなり抜けてしまう場合も多いのです。加齢にともない、歯周病も進行していく可能性があるので、適切な処置が必要です。歯周病におかされていた場合には正確に診断し、症状に合わせて適切に処置をして、定期的に予防を行うことが重要です。

歯周病の進行速度は生活習慣に大きく左右されます。

歯周病は、歯周病原菌から起こる病気ですが、全身や生活習慣の問題とも発症が大きくかかわっています。歯周病の初期段階の「歯肉炎」はほとんどの年代の人に見られますが、それが生活習慣によっては加速度的に進行してしまいます。一度、ご自分の生活習慣を見直してみましょう。

歯周病の主な原因

  • 歯周病原菌
  • 清掃不良
  • 喫煙
  • ストレス
  • 糖尿病
  • 偏った食生活
  • 薬剤服用
  • 歯ぎしり
  • くいしばり

歯周病の治療方法

歯周病治療は毎日のセルフケアと歯科医院での専門的なケアが不可欠です。

歯周病は、患者さまと歯科医師・歯科衛生士が連携することで治療していく病気です。ご自宅でのセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアの両方をしっかり行うことが重要です。

ご自宅でのセルフケア

正しいブラッシング&適切な清掃用具

まずは歯磨きの仕方から見直していきましょう。歯科医師の指導を受けて、正しいブラッシングを身につけましょう。また、歯と歯の間などブラッシングでは清掃しにくい場所は、デンタルフロスや歯間ブラシを使ってきれいにしていきましょう。

生活習慣の改善

偏った食生活である場合には、バランスのいい食生活を心掛けましょう。また、喫煙習慣やストレスを溜めこむのも歯周病にはよくありません。食事や間食、糖分の入った飲物のとりかた、歯みがきのタイミングなど、一度生活習慣を見直してみましょう。

歯科医院でのプロフェッショナルケア

超音波による歯石除去

超音波による振動で、歯石を取り除きます。

プラークや着色、バイオフィルムの除去

歯ブラシだけでは落とせない、しつこい汚れを徹底的に取り除きます。

手作業の器具による細かな部分の仕上げ

深い所や狭い部分についた歯石を丁寧に取り除きます。

外科処置

歯がぐらついてしまっている場合には、歯と歯を繋げてぐらつきを抑えるなどの外科処置を行います。

アフターケアのアドバイス

ブラッシングや生活習慣改善のアドバイスをさしあげます。

石原歯科医院 0558-34-0034